AMオンライン行政処分叩き!?

PLUSSOの悪質評価の真相

PLUSSOの運営するVIP投資顧問については、高評価の良い口コミと悪い口コミの偏りが目立ちます。こうした場合は何が真実であるかの判断は難しくなるでしょう。また、そもそもネット上に書き込みされる口コミというのは、どこの誰が書き込んでいるかもわかりませんし、口コミを掲載してる媒体事態の身元すら不明なケースが多いです。

つまり、それはどういうことを意味してるのか?投稿者や配信元が何もかも不明であるかぎりは、信用に値しないということです。なぜなら、評価を人為的に捏造するといった不正を行うことも容易になるからです。ですから、ネット上にある情報を参考にする際には、目にしたものを無条件に信用するのではなく、最低限その配信元が明確であるかはチェックする必要があります。

こうしたことからも、口コミで事実を見極めるのは非常に難しくあまり参考にならないというのが実際のところです。では、PLUSSOの評価をどのように判断すればいいのかを考えていきましょう。『木を見て森を見ず』という言葉がありますが、これは物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失うことを意味していますが、まさに森を見ると視点が必要になるでしょう。
気を見て森を見ず PLUSSOの情報を調べると、良い評価も悪い評価も出てきます、一体これはどっちが本当なのだろうか?とりわけPLUSSOに関して良く目にする悪い評価は、過去に行政処分を受けており、運営している投資助言サービスの質も悪いといったものです。これに関して、行政処分を過去に受けていることは事実であり、その後業務の改善に努め営業を再開させています。

一度処分を受けた会社が、その後も劣悪なサービス行っていたとしたら、果たして監督官庁から営業開始のOKが出たでしょうか?また、行政処分後にも監督官庁からの業務に関するモニタリングは行われるものなので、そうした厳しい監視の目があるなかで、悪い口コミに見られるような行為に及んでいるとはとても考えにくいのではないでしょうか。

だとしたら、なぜ多くの悪い口コミ評価が目につくのか?それは、その口コミが一般の消費者の生の声ではなく、PLUSSOの評価を貶めたい業者が人為的に悪い口コミを捏造しているかではないでしょうか。では、PLUSSOの評価を落としたい業者とは一体どんな業者なのか、それは同じ投資顧問業という業界に存在する競合他社が挙げられます。

事実、PLUSSOの悪評を並べているサイトの運営元を確認してみればわかりますが、どこの誰が運営しているのかさっぱりわからないサイトです。事実の情報を配信してるなら、身元を明かしてもなんら問題はないはずなのですが…なぜ身元を隠しているのでしょうか?それは、ありもしない嘘の口コミを自作自演で書き込み、他の会社の信用を蹴落とすための卑劣な行為をしているからではないでしょうか。

このように、そもそもネットというのは匿名性が高いという性質があるため、悪用しようと思えばいくらでも悪用できるのに。それと同時に、ネット上にある情報を参考にする際には、何が真実であるかを考察する必要があり、それには俯瞰で物事を見て判断する必要があるということを強く提起しておきたいです。