AMオンライン行政処分叩き!?

PLUSSOは信用取引銘柄も推奨しているのか?

株式会社プラッソの投資助言サービスでは、信用取引可能銘柄も推奨しています。
株式投資をする場合、証券口座に入金した資金で上がると思った銘柄を買い、予想通り株価が上昇したら売ります。
この場合、株価が値上がりした分だけ利益が得られますが、株価が下がってしまえば損失が生じることになります。

このような取引を「現物取引」と言います。
一方、一定額の保証金や手持ちの有価証券を証券会社に担保として預けることで、投資に必要な資金や株券を借りて取引を行う取引は「信用取引」と言います。

信用取引は、一般的にハイリスクで危ないというイメージがあり敬遠されがちです。
確かに、信用取引はやり方を間違えればハイリスクになりますが、うまく使いこなせばかなり使える制度です。
ちなみに、信用取引が危ないと思い込んでる人は、信用取引についてちゃんとした知識がないからでしょう。
株式市場に参入する大半の人が、買いから入ることしか考えていません。
残念なことに、買いだけでは下落局面では利益を出すことができません。
しかし、信用取引を使えば「空売り」も可能になるので、下落局面でも利益を得ることが可能となります。

信用取引のメリットと言えば「レバレッジ」と「空売り」です。
これは、現物取引にはありませんし、これを使いこなすことで利益を得られる可能性が大きく広がります。

レバレッジとは資金以上の取引を可能にすることです。
現物取引の場合は自分の証券口座に入っている資金の範囲でしか株の取引きをすることができません。
しかし、信用取引ではレバレッジを利用すれば少ないお金で大きなお金を動かせるようになります。
<p>テコの原理</p>
証券会社によって多少の違いはありますが、一般的にはレバレッジで保証金の約3倍の金額まで取引することが可能です。
つまり、100万円の資金があれば、信用取引で300万円分の取引をすることができます。
つまり、通常より3倍程度の利益を狙うことができるようになります。

逆も然りなため、いかに損失が膨らむのを防ぐかが重要になります。
レバレッジ取引ではリスク管理さえ徹底すれば、大きく利益を狙うことができます。
自信があるトレードやここぞという勝負には、レバレッジを利かせてトレードしてみるのも良いかもしれません。

信用取引では「信用買い」と「信用売り(空売り)」の2通りの注文が可能です。
信用買いとは、証券会社からお金を借りて株を買うことで、通常の現物取引と同様に買った価格より高く売れれば利益を得ることができる取引です。
これに対し「信用売り(空売り)」とは、証券会社から株を借りて株を売ることをいいます。

信用売りは、売った値段よりも安い値段で株を買い戻すことによって利益が出ます。
なので、これから下がると思った銘柄があったときに行う取引です。
下がるだろうと思う銘柄の株を証券会社から借りてその株を売り、株価が下落したら買戻して証券会社に返済するという仕組みです。

この空売りこそが信用取引を利用する最大のメリットと言っても良いでしょう。
上昇相場だけではなく、下落相場でも利益を出せますから買いのみの取組より投資の幅が2倍に広がります。